冊子専門の印刷会社 冊子印刷社

冊子印刷 / 印刷製本の千葉県にある印刷会社 激安・格安!創業二十余年の実績と最新設備により低価格・高品質での印刷通販を実現

FaceBook
ログイン
  • ログイン
  • メニュー
フリーダイアル:0120-413425 平日/土曜 9:00~18:00

テクニカルガイド

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは印刷原版を作製し、原版を印刷機にセットしてインクで印刷します。
一度原版をセットすれば何千何万枚もの印刷が可能です。印刷原版は高価ですが、印刷1 枚当たりの単価は安いので部数が多くなって行くほど安くなり、大量生産に優れた印刷方法です。現在、商業印刷では主流の印刷方法で品質も大変美しい刷り上がりとなります。
紙刷版による軽オフセット印刷ではございませんので、写真や網点表現が大変綺麗です。

カラー印刷

カラー印刷はC(青)M(赤)Y(黄)K(黒)の4つの色の掛け合わせで色を表現しています。
近年の印刷機はコンピュータ化が進みほぼ作成データの値通りにカラー表現できますので、お客様からお預かりしたデザインデータをもとに、当社標準濃度を基準に印刷させて頂いております。

印刷方法 品質評価 適正部数
オフセット 印刷品質 評価 5
評価 5
500部以上
オンデマンド 印刷品質 評価 4.5
評価 4.5
500部以下
カラー印刷

モノクロ印刷はK(黒)のみ1色で印刷し、網点によるグレー表現も同時に出来ます。 1色しか使用しないので、カラー印刷のような高いコストをかけずに本を印刷する事が出来ます。

モノクロ印刷の印刷方法 品質評価 適正部数
オフセット印刷
解像度 2540dpi / スクリーン線数 175lpi 以上
評価 5
評価 5
600部 ~ 10,000部
オンデマンド印刷
解像度 1200dpi(3600dpi 相当 ) x 1200dpi
/ スクリーン線数 190lpi ※2
評価 4.5
評価 4.5
600部以下
  • ※1 : 品質評価は当社比較値です。適切な解像度で作成されたデータから印刷した場合です。
  • ※2 : オンデマンド印刷とオフセット印刷は印刷方式が違うため解像度及び線数の数値での比較は出来ません。
    数値は各機械メーカー公表値です。

製作コストは部数とページ数の関係で変動します。
品質優先でお悩みの方はご相談下さい。きっとよいご提案が出来ると思います。

オフセット印刷の特徴

安定した色表現が可能で大量生産を前提に機械が作られていますので、何万枚印刷しても色の変化を最小限にとどめる事が出来ます。
また、グラデーション表現も安定していて綺麗にホワイトアウトが出来ます。
紙に熱をかけないので用紙の縮みがなく熱による波打ちがありません。

オフセット印刷の注意点

印刷に原版を使用するため初期コストが大きいので少部数には不向きです。
また機械が大きくA4 サイズで8P 分一緒に印刷します。その為1Pだけでもカラーがあると8P分全てカラー印刷となってしまい自由にカラーページ・モノクロページの設定が出来ません。

大きな絵柄のある表紙印刷

表紙全体に濃い色のベタ刷りや全面写真がある場合は注意が必要です。
薄い色(各色30%以下)であれば特に問題はありませんが、表紙は一番表にあるので、めくる回数も増えますし、細かな傷や折れたりすることも多くなりますので、下記のような表紙はPP 加工をお勧めいたします。

大きな絵柄のある表紙印刷