冊子専門の印刷会社 冊子印刷社

冊子印刷 / 印刷製本の千葉県にある印刷会社 激安・格安!創業二十余年の実績と最新設備により低価格・高品質での印刷通販を実現

FaceBook
ログイン
  • ログイン
  • メニュー
フリーダイアル:0120-413425 平日/土曜 9:00~18:00

テクニカルガイド

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは印刷原版を作製し、原版を印刷機にセットしてインクで印刷します。
一度原版をセットすれば何千何万枚もの印刷が可能です。印刷原版は高価ですが、印刷1 枚当たりの単価は安いので部数が多くなって行くほど安くなり、大量生産に優れた印刷方法です。現在、商業印刷では主流の印刷方法で品質も大変美しい刷り上がりとなります。

〈軽オフセット印刷〉とは

モノクロ印刷限定のコストを優先した印刷方法です。通常のオフセット印刷から比較すると解像度とスクリーン線数が低いので 画像データが粗いと仕上がりがより低下してしまいます。解像度と線数の影響を受けない、文字中心の冊子では高いコストパフォーマンスを発揮します。

モノクロ印刷の印刷方法 品質評価 適正部数
軽オフセット印刷
解像度 1200dpi / スクリーン線数 120lpi
評価 3.5 ~ 4
評価 3.5 ~ 4 ※2
250部 ~ 800部
オフセット印刷
解像度 2540dpi / スクリーン線数 175lpi 以上
評価 5
評価 5
800部 ~ 10,000部
オンデマンド印刷
解像度 1200dpi(3600dpi 相当 ) x 1200dpi
/ スクリーン線数 190lpi ※3
評価 4.5
評価 4.5
250部以下
  • ※1 : 品質評価は当社比較値です。適切な解像度で作成されたデータから印刷した場合です。
  • ※2 : 軽オフセット印刷の場合、写真の被写体や画像解像度の影響を受けやすく、粗い画像データは仕上りがより低下します。
    但し網点で表現されていない部分(文字など)はどの印刷方法でも大差はありません。
  • ※3 : オンデマンド印刷とオフセット印刷は印刷方式が違うため解像度及び線数の数値での比較は出来ません。
    数値は各機械メーカー公表値です。

軽オフセット印刷はコストを優先した印刷方法です。
製作コストは部数とページ数の関係で変動します。
品質優先でお悩みの方はご相談下さい。きっとよいご提案が出来ると思います。

グレースケールとは

グレースケールとは黒を0 ~ 100%の網点の密度で表現しています。網点の密度が多い程、黒に近くなります。また、スクリーン線数によって網点の大きさが変わり線数が高いほど網点が小さくなります。
写真はこのグレースケールで網点の集合体で表されています。オフセット印刷は 175 線以上で網点はルーペでないと見えません。軽オフセット印刷は 120 線であるため肉眼で網点が見えます。

グレースケール

文字・線のモノクロ表示

100%以下やカラー作成された文字・線、また画像としての文字・線は網点がかかったギザギザした文字・線になってしまう場合があります。

カラー作成した文字・線をグレースケールに変換して印刷すると…
グレースケールに変換して印刷

オフセット印刷やオンデマンド印刷では肉眼で見えませんが、 軽オフセット印刷では網点の集合が確認出来てしまいます。

文字・線のスキャニング

文字・線などをスキャンニングして使用する場合はモノクロ2階調600dpiでスキャンニングしましょう。グレースケールやカラーモードでスキャンニングすると文字や線がギザギザになってしまう場合があります。

スキャンニングされた画像としての文字を印刷すると
スキャンニングされた画像としての文字を印刷

オフセット印刷やオンデマンド印刷は「グレースケール 350dpi」でもギザギザになりませんが、軽オフセット印刷は「モノクロ 2 階調 600dpi」でスキャンニングして下さい。

写真

写真は出来る限り調整しましょう。

軽オフセット印刷では、特徴としてグレースケールの%が低い所は網点がかすれやすく、%の高い所は潰れやすくなります。

オフセット印刷と比べて仕上がりに差が出やすい写真は顔写真・集合写真・室内写真などです。

人の顔には凹凸が多く、階調の自然な変化を表現しきれません。
集合写真は顔が小さくなり網点が粗いと誰であるか判断しにくくなります。

逆に多少網点がかすれても潰れても見た感じ差が出にくいのは明るい風景などの屋外写真です。

調整のポイントは3つです。
調整のポイント

3つの調整を行った場合とそうでない場合は印刷の仕上がりに差が出ます。
また、同じ写真データでも軽オフセット印刷とオフセット印刷では印刷の仕上りが違います。

写真の調整ポイント① カラー写真をモノクロ写真に変換

カラー写真でも印刷可能なデータですが、モノクロ印刷すると濃く暗い写真になることが多いです。

① カラー写真をフォトショップなどの画像を扱えるソフトでモノクロ写真に変換

〈フォトショップの場合〉
「イメージ」→「モード」→「グレースケール」

② カラー写真をワード・エクセルなどの冊子を制作するアプリケーションに取込んでからモノクロ写真に変換

カラー・モノクロ写真

〈ワード・エクセル・パワーポイント2007 の場合〉

モノクロ写真に変換
  • 1. 対象の画像を挿入して、選択
  • 2.「図ツール」→「色の変更」→「グレースケール」を選択して下さい。
写真の調整ポイント② 写真の調整

特に室内写真は暗くなります。
カラー写真からモノクロ写真にしてから調整をしましょう。

① フォトショップなどの画像を扱えるソフトで明るさなどを調整
〈フォトショップの場合〉
「イメージ」→「色調補正」の「明るさ・コントラスト」「レベル補正」「トーンカーブ」で調整
「アンシャープマスク」を強めにかけると印刷の仕上がりも良くなります。
※写真は明るめに調整しましょう。

② ワード・エクセルなどの冊子を制作するソフトで明るさやコントラストを調整
〈ワード・エクセル・パワーポイント2007 の場合〉

明るさやコントラストの調整

1. 対象の画像をグレースケールに変更した後

グレースケールに変換

2.「図ツール」→「明るさ」→「明るい+10 ~ 20%」と 「コントラスト+10%」位で画像を見ながら調整しましょう。

明るく調整する

この調整は画面上だけの調整で、データ自体にはカラー情報が残っています。
後は弊社にて適切な画像に最適化をして印刷をします。
※マッキントッシュで作成の場合は最適化が行えません。

写真の調整ポイント②の補足 カラー写真RGB画像に注意!

画像のカラーモードに注意しましょう。

デジタルカメラ等で撮影し保存した画像や一般ビジネスソフト(ワード・エクセル・パワーポイントなど)の殆どはカラーモードがRGBという形式です。

このカラー画像のままモノクロ印刷をすると濃い色の領域を黒として扱ってしまいます。

モノクロ印刷の仕上がり
写真の調整ポイント③
  • ① 写真画像は解像度350dpiのものを使用しましょう。
  • ② 作成するアプリケーションによって最終PDFデータに画質の差がでます。
  • ③ ピンボケのない写真を使用しましょう。

軽オフセット印刷は線数が低く網点が荒いため以下のような写真は仕上がりがより低下します。

  • ・ 解像度の低い写真
  • ・ アプリケーションによって劣化した写真
  • ・ ピンボケの写真
  • ・ カラー情報の残ったモノクロ写真

適切な画像を使用して上手に調整すればオフセット印刷と遜色のない仕上がりも可能です。

PDF変換

ベタ刷り・平アミ刷り

ベタ刷り・平アミ刷りとは紙の面積に対して大きく黒やグレーで塗りつぶす事です。

ベタ刷り・平アミ刷り

軽オフセット印刷では、紙感材の性質と印刷機が縦通しという構造上、広い均一の網点や1/2以上のベタ刷りが不向きです。

解像度と線数が高いオフセット印刷であれば問題なく印刷出来ます。