冊子専門の印刷会社 冊子印刷社

冊子印刷 / 印刷製本の千葉県にある印刷会社 激安・格安!創業二十余年の実績と最新設備により低価格・高品質での印刷通販を実現

FaceBook
ログイン
  • ログイン
  • メニュー
フリーダイアル:0120-413425 平日/土曜 9:00~18:00
  • ホーム
  • 入稿PDFの注意点

入稿PDFの注意点

入稿PDFの注意点

ご入稿データの注意事項(必ずご確認をお願いします。)

お申し込み後の入稿について

ご入稿データは全ての最終確認(誤字脱字、写真、イラストなど)を終えた「製本印刷が行える最終データ」をアップロードしてください。

ご入稿データは1回の注文で1ファイル限りです。

※複数のファイルを1つのフォルダに入れた圧縮ファイルは1ファイルです。

アップロード後やむを得ず差替え及び追加が発生した場合は必ずマイページより手続きを行って下さい。

※マイページ注文履歴の「データ変更依頼」から簡単にアップロードして頂けます。

※発送日(データチェック完了)のメール案内が届いている場合や、すでに変更依頼をされた場合はデータ変更手続きが表示されてません。お電話にお問い合わせ下さい。

一つの正しいデータで製本印刷するために、何卒ご協力の程お願い申し上げます。

【PDF入稿】しっかりデータチェックをお申し込みの方

こちらの注意点や作成方法でわからないところ、出来ないところ、確認して欲しいなど、不安な事がありましたらご遠慮なくお申し付け下さい。
必ず印刷が出来るデータに仕上げるお手伝いを全て無料でさせて頂きます。

【PDF入稿】簡易データチェックをお申し込みの方

Check1~7までの注意点を確認してご注文の際、注文フォームにてチェックシートに記入して下さい。完全PDF 入稿としてお得に製作することが出来ます。

ご入稿データ作成の注意点

ご注文サイズとデータサイズを同じにして下さい。
・A4仕上がりはA4サイズのPDFデータにして下さい。
※PowerPoint のスライドサイズを注意して下さい。
・繋げたPDF は全ページ確認して下さい
・PDF のページの左下にカーソルを当てるとページサイズが表示されます。
※トンボが付いている場合はトンボを含んだサイズ
本文は単ページで作成して下さい。
・見開き状態(展開サイズ)にはしないで下さい。
・ご注文ページ数とPDF の総ページ数を同じにして下さい。
※トビラがある場合はご注文ページ数+2P(トビラ1 枚の場合)がPDF の総ページ数です。
PDFのページサイズ確認方法
表紙は背幅込みの展開サイズで作成して下さい。
・見開き状態にして背幅も含んだPDF データを作成して下さい。
※仕上がりがA4 サイズ80P なら横424mmx縦297mm です。
※下記見本は塗り足し込みサイズで横430mmx 縦303mm となります。
PDFのページサイズ確認方法
使用しているフォントは全て埋め込みにして下さい。
・入稿PDF を開いて「ファイル」→「プロパティ」の「フォント」タブをクリック
下記赤枠の様にフォント名の隣に(「埋め込みサブセット)」となっている事を確認
※Word、Excel、PowerPoint で作成の場合はプリンタドライバ型でのPDF 変換をお勧めいたします。
PDFのページサイズ確認方法
紙面に合った適切な余白を作って下さい。
・文字や絵柄など見切れてしまわないように仕上がり線より5mm 以上内側に入れて下さい。
※デザイン重視での紙面も最低3mm は仕上がり線より内側に入れて下さい。
PDFのページサイズ確認方法
フチ無し印刷(裁ち落とし)にしたい部分は塗り足しを作成して下さい。
・綺麗にフチ無し印刷をする場合は仕上がりサイズに対して各辺3mm 外へ伸ばしたデータを作成して下さい。
・詳しくは下記ページをご参照下さい。
<塗り足しについて>
https://www.icpf.co.jp/user_data/guide_05.php
モノクロ印刷とカラー印刷はご注文通りのデータを作成して下さい。
  • ・モノクロ印刷(オフセット印刷)

    カラー表現(写真)はグレースケールに変換して下さい。

  • ・カラー印刷(オンデマンド印刷)

    モノクロページとカラーページが混在する場合、モノクロページのカラー表現(写真)はグレースケールに変換して下さい。
    ご注文のモノクロページとカラーページはそれぞれの該当ページがご入稿データと一致するように作成して下さい。

  • ・モノクロ印刷(オンデマンド印刷)

    カラー表現(写真)のままでも大丈夫ですが、写真は濃くなる傾向、薄い色の塗りや線はより薄くなる傾向です。

<詳しくは>「モノクロデータ作成の注意点」
https://www.dev.icpf.co.jp/user_data/guide_04_re.php

使用画像が適切な解像度になっているかの確認
・開いているファイルを「400%」まで拡大します。
仕様画像の解像度
ヘアライン(極細線0.2pt以下)につきましてはご入稿データ通りに印刷をさせて頂きます。
・画面や通常市販されているプリンタで表示されていても印刷機は高解像度で処理されるため細かくかすれたり消えてしまう可能性があります。
<代表的なヘアライン>
・Illustratorで作製した線の設定のない塗り線
・ワードやエクセルで作成したグラフの罫線
・エクセルで作成したグラフなどを取り込んだ囲み枠
・ワードアートなどの複雑な処理をした飾り文字や飾り掛
・設計ソフトで作成した設計図などや会計ソフトで作成した表の枠や線など。
・一般ビジネスソフトで作成し、PDF変換した際に罫線処理をされていない罫線など。