冊子専門の印刷会社 冊子印刷社

冊子印刷 / 印刷製本の千葉県にある印刷会社 激安・格安!創業二十余年の実績と最新設備により低価格・高品質での印刷通販を実現

FaceBook
ログイン
  • ログイン
  • メニュー
フリーダイアル:0120-413425 平日/土曜 9:00~18:00

テクニカルガイド

オンデマンド印刷とは

オンデマンド印刷とは、従来のオフセット印刷では不便であった所を解消するために生まれた印刷サービスです。
大きな違いは「印刷原版」を使用するのがオフセット印刷、使用しないのがオンデマンド印刷です。
オフセット印刷ではコスト高となる少ない部数を製作するのに適した印刷方法です。

さらに詳しく

オフセット印刷は印刷原版を作製し、原版を印刷機にセットしてインクで印刷します。一度原版をセットすれば何千何万枚もの印刷が可能です。印刷原版は高価ですが、印刷1 枚当たりの単価は安いので部数が多くなって行くほど安くなり、大量生産に優れた印刷方法です。現在、商業印刷では主流の印刷方法で品質も大変美しい刷り上がりとなります。

長所は上記の通りですが、当然短所もあります。印刷原版を作製しなければならないので、1枚の印刷でも原版コストがかかります。
冊子印刷は多ページを印刷しますので、印刷原版を大量に必要とします。弊社では2P 分を印刷する軽オフセット印刷と8P 分(4P の原版を2枚使用)を印刷するオフセット印刷があります。200P のモノクロ冊子印刷は軽オフセット印刷で100 枚、オフセット印刷でも50枚の印刷原版を必要とします。カラー印刷は4色使用するのでモノクロ印刷の4倍の印刷原版を必要とします。

これら大量の印刷原版を必要とし、更に印刷機にセットするたび、刷り出しという作業があります。インクを使用している性質上1枚目からキチンと印刷されず、50 枚~ 100 枚程度の試し刷りや色具合の確認をしてから、本刷りとなり用紙と時間のロスがあります。

このような工程が必要なオフセット印刷の原版コストと刷り出し作業を考慮すると少ない部数(印刷原版の材質と印刷機本体によって違いはありますが弊社ではカラー400 部、モノクロを250 部以下を定義しています。)は割高になってしまいます。

そこで登場したのが、オンデマンド印刷(機)です。オンデマンド印刷機は高性能プリンタを高速化・大型化して対応部数を伸ばし、カラー表現をオフセット印刷に近づけるために同じ網点方式を採用しています。現在も発展途上にあり日々進化しています。

オンデマンド印刷は印刷原版を使用しません。パソコンから直接印刷ができ、刷り出し作業も必要としませんので、オフセット印刷の短所である少ない部数、そして印刷原版を大量に必要とする冊子印刷の生産に大変優れた印刷方法です。

上記の通り印刷工程ではオフセット印刷に比べ2つの工程(原版作製、刷り出し作業)を短縮できます。また部単位(ページ順)で印刷され、製本工程の丁合作業を必要とせず、オフセット印刷に比べ3つの工程を省略し短納期での製作が可能となります。

またインクではなくトナーを使用して印刷します。トナーは細かな粒子に熱を加えて用紙に定着させます。用紙の表面に焼き付けるようなイメージで印刷するので、用紙に浸透するインキを使用したオフセット印刷に比べ上質紙、マットコート紙、コート紙など用紙の種類に依存されず光沢のある鮮やかな仕上がりになります。

短所は大量生産には不向きです。印刷原版を使用しない代わりに1枚当たりの単価が高く1枚でも1000 枚でも印刷単価がかわりません。約300 部を超えると印刷原版代を含めてもオフセット印刷の単価が下回ってきます。また、印刷速度が遅くオフセット印刷では1時間に1万枚印刷出来ますが、オンデマンド印刷は4000 枚しか印刷出来ません。

このような長所と短所を生かし考慮して弊社工場では生産ラインを組み日々稼働しております。

常に適正な製作料金、適切な印刷方法で冊子印刷をご提供させて頂いております。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷の特徴

1部から製作が出来る

オフセット印刷と違い印刷用原版を必要としないので、1部から製作が可能

カラー印刷とモノクロ印刷の混在が可能

オフセット印刷では1つの印刷原版に4P 分入っているので、1P がカラー3P がモノクロであっても4P 全てカラー印刷の料金になってしまいました。
しかしオンデマンド印刷では印刷原版を使用しないで1P 単位での料金設定が可能です。

鮮やかな発色

オフセット印刷はインク使用していますので、上質紙などはインクを吸ってしまい色の沈みがあります。
発色を良くしようとするとコート紙を使用しなければなりませんでしたが、
オンデマンド印刷はトナーを焼き付ける感じの印刷なので、沈みがなく上質紙でもコート紙でも同じ色合いの発色が可能です。

オンデマンド印刷の注意点

大きな絵柄のある表紙印刷

大きなベタ刷りや全面写真が表紙の全体にある場合は注意が必要です。
オンデマンド印刷はトナーを焼き付けて紙に印刷をするので、折り曲げた部分のトナーが剥がれることがあります。
特に表紙は一番表にあるので、めくる回数も増えますし、細かな傷や折れたりすることも多くなりますので、トナーの剥がれる危険性が高くなります。
下記のような表紙はPP加工をお勧めいたします。
※特にマットコート紙が剥がれやすいです。

大きな絵柄のある表紙印刷

不得意な色表現

オンデマンド印刷では印刷方式上、広範囲なグラデーション、薄いグレーなどは表現仕切れない場合がございます。
※オフセット印刷との比較ですので、一般的な観点から見れば問題の無い範囲でございます。

不得意な色表現